総合トップ > YouTuberコラム > DTMとはPart3
 
 

DTMとはPart3 | YouTuber665

作曲をする際のアドバイスや便利なソフトを紹介します!
2018/08/24更新
DAWを用意したはいいけど
曲が思い浮かばねぇよ~~
音楽聴くのは好きだけど、
作るのはやった事ないなぁ。。。
心配しないで!最初は誰だって初心者だもの!
というわけで、作曲をサポートしてくれる
ソフトを紹介するよ☆
ぶぶ!(便利な時代だな!)

曲が作れない

DAWの使いかたもある程度わかってきて「いよいよ作曲を始めよう!」と思い立つわけですが、曲、そんなに簡単には作れませんよね。
学校で作曲のしかたを習った記憶なんかないし、音楽理論の勉強を始めてみても最初のほうでつまずいてしまうしで、「自分には才能がないのかもしれない」と悲しい気持ちになっていませんか?
そんなひとに言いたい。
やったことがないのに名曲が湧いてくるわけないじゃないですか!
初心者なんだから才能があるわけないじゃないですか!!

使えるものはなんでも使う

とはいえ、音楽に触れている時間が長くなるとふとしたメロディがひらめく瞬間があります。
たとえばですけど、お風呂あがりのビールをぐびっといったときに思わず「お風呂あがりに~タオルでビール~♪」と歌ってしまったとしたら、これ、短いですけど立派な作詞・作曲なんですよ。
でも、自分の口から出てきたメロディを音符にするのはちょっと難しい。
それなら、自分に足りない技術はソフトやアプリに補ってもらいましょう。
ありがたいことに、ひらめいた曲を鼻歌で謡さえすれば、楽譜にしてくれて、伴奏もつけてくれて、その音源を出力できるアプリがあります。
「HumOn(ハムオン)」-ハミングで簡単に作曲アプリ

ScoreCloud Express

さらに、2小節分のメロディ(モチーフ)さえ思いつけば自動で1曲作ってくれて、その音源を出力できるアプリもあります。

Chordana Composer for Android

こんな方法もあるらしい

すべてのひとに有効かどうかはわからないんですが、ヒット曲を使って練習するという方法があります。
歌詞カードを用意して、「静かに語りかける感じ」とか「だんだん盛り上がっていく感じ」とか「シャウトする感じ」とかの雰囲気でブロック分けして(蛍光マーカーで色分けするとわかりやすいです)、全体の構成をつかみます。
構成がつかめたら、元の歌詞を使って違うメロディを考えてみます。
歌詞とその部分の雰囲気は決まっているので、あとは自分が歌いやすいように(気持ちよく歌えるように)メロディを作って、その勢いでオリジナルの歌詞もつけてみましょう。
ちゃんと完成させられたなら、もともとの構成はヒット曲のものなので、素人作曲でもそれなりにキャッチーなものになりますよ。
ダメで元々だと思って、ぜひ試してみてください。

作曲を楽しんでください

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」じゃありませんが、やっぱり数を作ることは大事。
たくさん作っていくうちに慣れてコツがわかってくるかもしれません。
あとは、だれか親しいひとに聴いてもらって感想を聞きましょう。
ダメ出しされて落ちこむことがあるかもしれませんが、そのひとが曲を作ったことのないひとなら「1曲作ってから言えよ」と無視してしまえばOK。
うまいこと褒めてもらえたなら、がんばる気力も湧いてくるでしょう。
どうぞ、末永く作曲生活を楽しんでください。
よっしゃー!
これで俺も大人気ミュージシャンYouTuberだぜー!
バカね!
そんなすぐに良い音楽作れるわけないでしょ!
だよなー
地道に勉強するよー…
このコラムを読んで勉強して、
良い曲が作れるようになるといいね!
ぶい!(勉強あるのみ!)
 

YouTuber665公式チャンネル

YouTuber665公式Twitter

YouTuberロロコチャンネル
まんがVtuberロロコちゃん

『ロロコちゃん』最新話はこちら

YouTuber665人物紹介
YouTuber665新着記事
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!
汐月 准YouTuber特集ページ
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!ヒロノ編
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!さなぴかり編
新着登録YouTuber
YouTuberピックアップ