総合トップ > YouTuberコラム > eスポーツが熱い!!
 
 

eスポーツが熱い!! | YouTuber665

eスポーツとYouTuberなんの関係が!?
いやいやYouTubeではゲーム実況が大人気なんですよ!
eスポーツのあれこれをご紹介~~。
2018/09/28更新
おりゃ、おりゃ~~
どうしたの?大きな声出して。
最近ロロコちゃんに付き合ってウイイレやってるだろ。
今度その大会があるんだよ。
だから練習してんの!
そうなんだ!
盛り上がっているもんね。eスポーツ!
eスポーツ?何それ?
ゲームの対戦試合とかの競技をeスポーツっていうのよ!
あんた知らないでやってたの?
良い機会だから説明するね。

eスポーツ(esports)

「eスポーツ(esports)」とは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、
コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉えた際の名称です。
ゲームはもちろん遊びなんだけどそれをスポーツ競技としたもので、あのIOC(国際オリンピック委員会)が公式でサポートしたり、
海外では認知度も高いです。
日本でYouTuberがなりたい職業に入っているように、海外ではプロゲーマーもなりたい職業に入っていて、
コンピューターのプログラミングに関する知識や長時間の試合でも体力が持つように筋力トレーニング!?を行っているところもあります。

日本国内の動き

日本でも「JeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)」が出来た時にニュースになったから、知っている人も多いかも!
その動きを受けて企業がプロチームを結成したりアニメ等の専門学校がeスポーツクラスを新設したり、
日本国内でも動きが盛んになっているんです。
ただ日本で行われるeスポーツ大会では海外や他のスポーツ大会と比較して高額な賞金を提供できていないのが現実です。
そこには景品表示法等いった法律との兼ね合いなどがあります。
そしてもう一つあるのが、eスポーツの捉われ方にあるかもしれません。
日本でスポーツというとどうしても「身体を動かす」というイメージが定着しています。
でも海外だと「楽しんで競い合う」というイメージだから浸透具合にも表れているのかもしれません。
YouTuberが編集技術や撮影技術が必要なようにeスポーツプレイヤーもゲームに対する理解力や瞬発力が必要です。楽に稼げるものではありません。
JeSUが出来た事で業界にも盛り上げようっていう動きが出てきたから、これからゲーム技術を磨いて「プロゲーマー」がなりたい職業にランクインする日も近いかも!
先日の「東京ゲームショウ2018」でも「ストリートファイターV アーケードエディション」の大会が開かれたり、
インドネシアで開かれた「第18回アジア競技大会」では日本代表が金メダルを獲得するなど確実に浸透しています。
みんなも腕を磨いて「YouTuber」で「プロゲーマー」になっちゃいましょう。
かなりざっくりだけどわかった~?
スゲー!よし俺も頑張るぞ!
我も試合にでるぞ!
へへへ、ロロコちゃんはまず俺に勝てなきゃね~
むぅ~~
シャー!(ロロコちゃんをバカにするな!)
ぶぅ!(出たな変態ネコ!)
ちょっと!もぅ~
鯛三くんもロロコちゃんも頑張ろうね!!
 

YouTuber665公式チャンネル

YouTuber665公式Twitter

YouTuberロロコチャンネル
まんがVtuberロロコちゃん

『ロロコちゃん』最新話はこちら

YouTuber665人物紹介
YouTuber665新着記事
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!
汐月 准YouTuber特集ページ
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!ヒロノ編
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!さなぴかり編
新着登録YouTuber
YouTuberピックアップ