総合トップ > YouTuberコラム >シバターが引退宣言-YouTubeの規約改定とは
 
 

シバターが引退宣言-YouTubeの規約改定とは | YouTuber665

物申す系YouTuberシバターが引退宣言-YouTubeの規約改定とは
2019/07/18更新
シバターを救いたい!!
またそんな動画のタイトルみたいなこと言って...
我も救ってほしいのだ
(;・∀・)
「広告系Vtuberロロコを救いたい」って動画を出すが良いのだ
(;´∀`)

悪口禁止で引退?

シバターは「6月にYouTubeの規約が更新され、炎上とか悪口がダメになった」、「炎上を招く、他社を侮辱するコンテンツ」と、「個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ」には広告が付けられなくなったと語りました。

動画内でシバターは「好きなことで生きていくとか煽っといてさ、YouTubeがさ。じゃあ人の悪口が好きな人はダメなの?生きていけないの?」
「人が不幸な目に遭うと俺はすごい嬉しくなるんだけど、だから悪口は俺にとってホントに必要なものだし、人の悪口でしか満たされないから、そんな人がYouTubeでお金を稼いじゃいけないのかな?ひどいよね」
「人をけなす自由を俺から奪うなんて、俺からだけじゃなくみんなから奪うなんてひどいよね。」
と不満を漏らしています。

実際にはポリシーに変更なし

シバターが今回言及したのは、広告掲載に適したコンテンツのガイドライン
実際の内容は、
"2019 年 6 月更新: 広告表示が制限される、または広告が表示されないコンテンツの例を増やしました。ポリシーに変更はありません。そのため、広告掲載に適した動画の審査方法もこれまでと変わりません。″
とあり、シバターの言うように掲載内容自体は変更されていますが、ポリシーの中身そのものは今までと変わっていないようです。

タバコ・銃に関する制限が項目化

現在、広告が非表示になったり、制限されたりするトピックとして掲載されているのは、以下の11項目です。
・不適切な表現
・暴力
・アダルトコンテンツ
・有害または危険な行為
・差別的なコンテンツ ・炎上目的、屈辱的
・危険ドラッグや薬物に関連するコンテンツ
・タバコに関するコンテンツ
・銃器に関するコンテンツ
・物議を醸す問題やデリケートな事象
・家族向けのコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

となっています。

表現の変わっている項目とタバコと銃器に関する項目が追加されていることがわかります。

自由な風潮のあったYouTubeですが、最近は規制が厳しくなり、テレビのような規制を受けてきています。
シバターさんのような物申す系YouTuberはもちろん、他のYouTuber達も自分達の方向性について考えなければならない時が来るかもしれません。
シバターさんは悪口だけじゃなくて、物事の本質を突くいい動画も上げてるから、辞めないでほしいなぁ...
広告掲載されなくなると、我の広告も表示減るからやめてほしいのだぁ...
(;´∀`)

YouTuber665公式チャンネル

YouTuber665公式Twitter

魂オーディション
ロロコ紹介
七瀬百音紹介
あみ紹介
ことは紹介
御子柴愛莉紹介
YouTuber665人物紹介
YouTuber665新着記事
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!ヒロノ編

◆過去のYouTuber特集はこちら

新着登録YouTuber
YouTuberピックアップ