YouTuber支援ポータル
総登録41,971件 / 国内登録38,371件
総合トップ
 
 

配信用エンコーダーの使い方 | YouTuber665

前回のコラムではLIVE配信のやり方について説明をしてきましたが、今回はその中で出てきた「エンコーダー」の使い方について詳しく説明をしていきます。

LIVE配信のやり方については何となく理解できたけど、PCからの配信は準備が多くて分かりづらいなぁ...
特にえんこーだー?っていうのがよく分からないわね...
ぶぅ!!!(そんな二人の為に解説するぶぅ!!!)

エンコーダーソフト(OBS)の使い方

先程の記事ではYouTubeでライブ配信をする方法についてまとめてきました。
そこで出てきたPCで配信をする際に必要なエンコーダーソフトの使用方法について今回はまとめています。
※この記事ではOpen Broadcaster Software(OBS)の使用方法についてまとめています。
前回の記事はコチラから
OBSのダウンロードはコチラから


■OBSにソースを追加する
このOBSというソフトですが、ただダウンロードしてストリームキーを入力すれば配信が出来るというソフトではありません。
正確には配信は出来ますが、このままだと真っ暗で何が何だか分からない映像を配信することになってしまいます。
しっかり画面を映すには「ソース」を追加する必要があります。


・ソースとは
ソースとは、食べ物にかけるソース(sauce)ではなく、(情報などの)出どころ、源という意味のソース(source)です。
つまり、ここで言うソースというのは、「配信に乗せる映像の情報、源」を指しています。


・ソースの種類
OBSに追加するソースにはいくつか種類があり、「追加するソースの種類を選択」⇒「ソースの情報を選択」の流れで追加をしていきます。



主に使用するソースの種類は、
・ウィンドウキャプチャ
・ゲームキャプチャ
・テキスト(DGI+)
・メディアソース
・映像キャプチャデバイス
・画像
です。

一つづつ見ていきましょう

・ウィンドウキャプチャ
ウィンドウを表示させたい時に使います。

・ゲームキャプチャ
PCゲームを表示させたい時に使います。

・テキスト(DGI+)
画面上に文章などを表示させたい時に使います。

・メディアソース
配信中に流したい動画などを表示させたい時に使います。

・映像キャプチャデバイス
キャプチャーボードの映像を表示させたい時や、Webカメラの映像を表示させたい時に使います。

・画像
ローカルに保存をした画像を表示させたい時に使います。

これらを組み合わせることで配信を賑やかにしたり、様々な効果を付ける事が可能となります。

■シーンとは
ソースとは別にもう一つ「シーン」という項目があります。
シーンとは、先程追加していったソースを場面ごとに保存しておく機能で、配信内で場面が切り替わるときに使います。

例えば、シーン1ではゲームの画面を中心に配置し、シーン2では自分が中心に来るような映像を作っておくことが可能となります。

まとめ

OBSの使い方をまとめてきましたが、今回まとめた内容はあくまで基本的なOBSの設定方法です。
細かく設定をするとOBSはもっと沢山の事が出来るようになりますので、基本的な操作が出来るようになったら応用も出来るように練習をしていきましょう!
エンコーダーの使い方も少しは分かった気がするわ!
ソースとストリームキーを入れて配信っと...
画面の構成とかを考えるのも楽しいわね!
ぶぅ~(分かってもらえてよかったぶぅ~)
 

YouTuber665公式チャンネル

YouTuber665公式Twitter

魂オーディション
ロロコ紹介
七瀬百音紹介
あみ紹介
ことは紹介
御子柴愛莉紹介
YouTuber665人物紹介
YouTuber665新着記事
~特別企画~YouTuberにチャレンジ!ヒロノ編

◆過去のYouTuber特集はこちら

新着登録YouTuber
YouTuberピックアップ